タビナカの旅

[タビナカの旅] リヨンからの3都市周遊– バルセロナ・サンセバスチアン・ボルドー

訪問時期:2019年5月

大学が4ヶ月間という日本では考えられない長さの夏季休暇に入ったので、リヨンから7泊10日でバルセロナ・サンセバスチアン・ボルドーへ出かけてきました。

今はリヨンに住んでいるので正確には「タビナカの旅」ではないのですが、例えば語学留学などで数ヶ月リヨンに滞在する方が同じ日程で旅をするのならタビナカになるため、この旅も「タビナカの旅」として書いています。

予算を抑えてするタビナカの旅

今回のタビナカの旅の最重要ポイントは「節約旅」。2年間の学生生活中、ガッツリ仕事をすることはできないので、できる限りお金を使わずに楽しみたいためです。

これまでのタビナカの旅は、電車や飛行機での異動がメインでしたが、今回はなんと高速バスの移動のみ。しかも夜行バスを2回利用したので、宿泊費も2泊分節約したことになります。

さらに、宿泊もゲストハウスのドミトリーを利用しました。ひと昔前とは違って、最近のゲストハウスは清潔でおしゃれなところが多くなりました。また、施設によっては女性専用ドミトリーもあるので、女性でも安心して利用することができますよ。同室の人から現地の情報や、他の街の情報などが聞けるのも、ホテル宿泊にはない楽しみです。

予算を抑えてタビナカの旅をしたいのなら、次の3つがポイントですよ。

  • 高速バスを活用する
  • 長距離異動は、疲れがたまらない程度に夜行バスを利用する
  • 宿泊はゲストハウスのドミトリーを利用する

さらに節約したい場合は、外食が続くと意外と大きな出費になる食事も工夫するといいかもしれません。

 

全日程を公開!リヨンからの3都市周遊 – バルセロナ・サンセバスチアン・ボルドー

それぞれの街でしたことについては、また後日お話しすることにして、ここではこのタビナカの旅の全日程をご紹介します。同じ行程で旅したい人や、一部だけ同じ行程で旅する人の参考になれば嬉しいです。

5月6日

23:45 リヨン・ぺラーシュ駅(Perrache)発 🚌

5月7日

07:55 バルセロナ北バスターミナル(Barcelona Nord)着

(バルセロナ泊)

5月8日

22:35 バルセロナ・サンツ駅(Barcelona Sants)発🚌

5月9日

05:30 サンセバスチアン(San Sebastian)着

(サンセバスチアン泊)

5月10日

09:10 サンセバスチアン(San Sebastian)発
12:45 ボルドー(Bordeaux Parking Descas)着

(ボルドー泊)

5月11日〜14日

ボルドー滞在

5月15日

09:35 ボルドー(Bordeaux Parking Descas)発
17:15 リヨン・ぺラーシュ駅(Perrache)着

 

利用したバス会社

このタビナカの旅では、2つのバス会社を利用しました。
バルセロナからサンセバスチャンは、スペインの「Monbus」というバス会社、その他の区間はいつも利用している「Flixbus」です。

夜行バスでも普通のシートですが、車内が混んでなかったこともあり、比較的快適に過ごすことができましたよ。運転手も安全には気をつけているので、危険に感じることもありませんでした。

 

バスの予約に利用したサイト

Flixbus(公式サイト)
https://global.flixbus.com/

omio
https://www.omio.com/buses/spain

 

スペインで利用したゲストハウス

バルセロナ

サンセバスチャンへの夜行バスが、バルセロナ・サンツ駅発のため、サンツ駅からすぐのところにあるゲストハウス「Meeting Point Hostels」を利用しました。

宿泊したのは、女性専用の6人部屋のドミトリー。共用スペースも客室も清潔で、安心して宿泊できました。大きめの鍵のかかるロッカーもありますが、スーツケースは入らないので、ベッドの脇などに置いておくことになります。また、室内にトイレとシャワーがあるというのも便利でおすすめポイントです。

チェックイン時には日本人のスタッフの方がいて対応してくれました。他のスタッフの方も全員英語が話せるので安心です。

朝到着したためチェックイン時間まで随分時間がありましたが、大きい荷物は無料で預けることができます。また、チェックアウト後も21時までは無料で預かってくれますよ。

 

Meeting Point Hostels

住所:Vallespir 20, 08014, Barcelona
http://meetingpointhostels.com

 

サンセバスチアン

サンセバスチアンでは、バスターミナル(鉄道駅近く)と旧市街のちょうど間くらいにあるゲストハウス「A Room In The City」を利用しました。

到着後そのまま荷物を預けに行きましたが、早朝にもかかわらず丁寧に対応してくれました。ロッカールームへ案内され、自分で荷物を置くシステムです。

こちらもとても清潔でしかもおしゃれなゲストハウスでした。室内に鍵付きの大きな引き出し、トイレ、シャワーもあります。また、ベッドにカーテンがついているので、プライベート感もありますよ。

 

A Room In The City

住所:Easo 20 / Manterola 15 – Donostia San Sebastián
https://www.aroominthecity.eu/

 

どちらのゲストハウスも、それぞれの公式サイトまたはBooking.comで予約をすることができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください