范特喜
台湾 - Taïwan

[台中] 范特喜緑光計畫 – 古い建物をリノベーションしたお店が並ぶ小さな路地

訪問時期:2018年5月

1泊2日で台中&少しだけ台北寄り道の弾丸旅の全日程はこちらの記事内で見られます。

 

緑いっぱいの草悟道を北へ

国立台湾美術館の敷地内にある秋山堂でお茶を楽しんだ後は、草悟道を北へ向かいました。

草悟道(Calligraphy Greenway)は、台中の中心地にある南北約3.6kmに渡る遊歩道です。国立台湾美術館から、北は国立自然科学博物館まで繋がっています。

草悟道

こんな感じの緑いっぱいの遊歩道。この日は雨上がりで天気が良くありませんでしたが、スポーツや散歩をしている地元の方の姿もちらほら。天気がいい日なら最高のお散歩になりそうです。

 

古い建物をリノベーションしたお店がならぶ路地

草悟道の途中、少し外れたところにある中興一巷というたった100mほどの路地。古い建物をリノベーションし、植物と融合させたお店が並ぶ「范特喜緑光計畫(Fantasy Story Green Ray)」というショッピングストリートになっています。

范特喜

 

カフェや雑貨ショップなど、若手アーティストなどが手掛けるショップが何軒かあります。2階にはおしゃれなハンバーガーショップも。ハンバーガーがとても気になりましたが、この後夜市へ行くのでガマン。

この辺りは、范特喜(Fantasy)と呼ばれるエリアで、同じように古い建物と緑が組み合わされたお店などが集まっています。

范特喜

雨上がりの平日の夕方ということもあり、ひっそりとした雰囲気でしたが、週末は結構にぎわうエリアのようです。

 

范特喜緑光計畫(Fantasy Story Green Ray)

台中市西區中興一巷2-26號
https://fantasystory.com.tw/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください