台湾 - Taïwan

台湾新幹線に乗って台北・桃園国際空港から台中へ – お得な利用方法もご紹介

訪問時期:2018年5月

今回のメインの目的地は台中。飛行機で到着後、台北市内へは入らず、空港から列車(MRTと台湾新幹線)で台中へ移動しました。
1泊2日で台中&少しだけ台北寄り道の弾丸旅の全日程はこちらの記事内で見られます。

台北の主要空港は桃園国際空港

台北には2つの国際空港があります。台北市内にある台北松山空港と、近郊の桃園市にある桃園国際空港です。

松山空港の方が市内中心まですぐで便利ですが、残念ながら関空からのフライトはありません。日本路線は羽田からのみ。桃園国際空港が台北のメインの空港です。

東京から台北へ行くなら、松山空港着の便の方が近くて便利ですね。

桃園国際機場

https://www.taoyuan-airport.com/

桃園空港から台中への行き方

空港へ着いて、そのまま台中へ向かう場合は、台北市内まで行く必要はありません。台湾を南北に走る高鐵(台湾新幹線)の駅が桃園市にもあるのです。桃園市は台北市の南側にあるため、台北を経由すると遠回りになります。

アクセス方法は以下の通り。とても簡単です。

  1. 空港から高鐵桃園駅(MRTまたはバス)
  2. 高鐵桃園駅から高鐵台中駅(台湾新幹線/高鐵/HSR)
  3. 高鐵台中駅直結の新烏日駅から台中駅(在来線)

細かく見ていきましょう。

1.空港~高鐵桃園駅(桃園空港MRTまたはバス)

交通手段は桃園空港MRTまたはバスです。今回はMRTを利用しました。高鐵桃園駅へ行くには、台北往きとは逆の方向の電車になりますので注意してください。

第1ターミナルから乗る場合、台北方面から来た第2ターミナル終点の電車もあります。間違えて乗ってしまったとしても、第2ターミナルで降りて同じホームで桃園方面の電車に乗るだけです。
桃園空港MRT

空港から高鐵桃園駅のもうひとつのアクセス方法として直通バスもあります。

到着ロビーへ出たら「巴士/Bus」の標識の方へ進むとバスカウンターがあります。ここでチケットを購入して、乗り場へ。

カウンターでは「高鐵桃園駅」と書いて見せるか、「シンカンセン」と言っても大抵通じます。乗り場は、バスカウンターの係員に確認しておくといいでしょう。

MRT開通前はよく利用していましたが、渋滞にあったこともなく、こちらも便利です。

2. 新幹線で、高鐵桃園駅から高鐵台中駅へ

MRTで高鐵桃園駅へ着いたら、今度は新幹線(高鐵/HSR)に乗ります。
台湾新幹線

チケットは、自動券売機窓口で購入します。自動券売機は英語表記もあるので難しくなく、窓口より時間もかかりません。心配なら、窓口で行き先を紙に書いて見せるといいでしょう。

自由席と指定席がありますが、乗車時間が長いなら指定席をおすすめします。私がこれまで利用したことがあったのは桃園~台北の区間のみでしたが、自由席で座れなかったことはありません。ただし、混んでいてほぼ満席ということもありました。

無事にチケットが買えたら、自動改札に通して中へ入ります。裏面を上にしないと通れないので注意。この方向に違和感を感じるのは私だけでしょうか。

ホームは北行きと南行きの2つのみ。間違えることもないとでしょう。日本の列車と同じで、車両により指定席車両/自由席車両と分かれています。指定席ならチケットに書かれた車両に乗ります。

実は今回は、自動券売機でも窓口でもない方法でチケットを購入しました。それについては下の方に書いています。

3. 在来線で新烏日駅から台中駅へ

高鐵台中駅から台中駅へは、さらに在来線で10分弱移動します。
新烏日駅

駅から直結で、在来線の乗車駅である新烏日駅まで移動。案内表示に従って行けば、迷うことはまずありません。

電車の本数は1時間に2〜3本とそれほど多くないため、急いでいるのにすぐ電車がない場合はタクシーの方が早いです。タクシーなら約20分です。

台中駅へ着きました。駅前は大工事中です。そのせいか、改札を出てから駅構内を出るまでに、また5分くらい時間がかかりました。
台中駅

高鐵のチケットはkkdayで事前購入がお得

実は今回は、自動券売機でも窓口でもない方法でチケットを購入しました。SIMカード購入にも利用したkkdayというサイトです。

このサイトで事前に購入することで、高鐵のチケットが20%OFFになります。外国人限定の料金で、購入時にパスポート情報が必要です。

購入時は乗車日のみを指定し、駅でチケットに引き換える時に乗車する列車と座席の指定をします。

移動日は決まってるけど、時間は未定という時も安心です。特に台湾到着日の移動は、入国審査でどのくらい時間がかかるか分からないので、時刻の指定は事前には不可能ですしね。
台湾新幹線

事前購入したチケットを実際に利用してみました。

1. 駅の窓口でチケットに引き換え

kkdayのサイトで事前購入すると、バウチャーが発行されます。これをプリントアウトして持っていきます。スマホのバウチャー画面を見せてもOKだそうです。

駅の高鐵窓口でこのバウチャーとパスポートを出します。乗車日の確認と、どの時間の列車がいいか聞かれるので、列車を選びます。

そうすると少し待たされ、チケットを用意してくれます。これで引き換え完了。

列車を選ぶ時も、ディスプレイを見せながら定時してくれるため、中国語も英語も話せなくても何とかなります。

2. 改札〜乗車

このチケットは、自動改札を通れません。改札のいちばん端には駅員さんが必ずいるので、このチケットとパスポートを見せて通ります。

あとは、チケットに書かれた車両と座席番号に従って乗車するだけ。

3. 到着後

乗車時と同じく、下車時も自動改札ではなく係員にチケットを見せます。出る時はパスポートの提示は不要。チケットのみで大丈夫です。

簡単ですよね。台湾新幹線に乗ることがあれば、ぜひ利用してみてください。

購入は下記のリンクからできます。利用方法も説明があります。(日本語)

桃園発
【桃園駅発 20%割引】台湾新幹線(台湾高速鉄道)割引きっぷ

台中発
【台中駅発 20%割引】台湾新幹線(台湾高速鉄道)割引きっぷ

台北発
【台北駅発 20%割引】台湾新幹線(台湾高速鉄道)割引きっぷ

その他の主な駅発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください