Pacs
フランス公的機関の手続き

フランスでのPacs(パックス)の手続きと必要な書類

Pacs (パックス)とは

Pacs(パックス)とは、結婚をしていないカップルが共同生活をするのにあたり、一定の権利を得て共同生活が滞りなくできるようにするための制度です。「Le pacte civil de solidarité」の略で、日本語では「連帯市民協約」と訳されています。

元々は、結婚が認められていなかった同性のカップルに対しての措置として1999年に民法に追加されました。しかし、一定の権利が認められながらも結婚よりも規制が少ないことから、同性のカップルが結婚前のお試し期間のような意味も兼ねて利用するケースも増え、現在ではカップルのステータスの1つとしてすっかり浸透しています。

Pacsのメリットとデメリット

パックスしたカップルには、特定の分野において結婚しているカップルと同等の権利が与えられます。その一方、デメリットとなる点もあります。その一部をご紹介しましょう。

メリット

税金の計算

税金が計算される際の控除額の基準などにおいて、結婚しているカップルと同等の扱いとなり、多くの場合パックス締結前と比べて税金の支払額が少なくなります。ただし、税金の計算には様々な要素が関わっているので、必ず減少するという訳ではありません。

正式なカップルとしてのステータス

同棲カップルとは異なり、パックスは法律で定められたカップルの形態です。そのため、各種契約や事務手続きなどにおいて、結婚しているカップルと同様の扱いを受けることができます。会社員の場合、パートナーと同時に休暇が取れるよう配慮されたり、慶弔休暇取得の権利も与えられます。

滞在許可証

パートナーの一方が外国人の場合、1年以上共同生活をしていることを証明できれば、滞在許可証 Vie Privée et Familiale を申請することができます。ただし、結婚の場合と異なり、最終的に滞在許可証が発行されるかどうかは、各県庁の判断によります。この滞在許可証の申請については、また後日ご紹介する予定です。

解消の手続き

フランスでは結婚しているカップルが離婚する場合、弁護士を介して手続きをすることが義務付けられています。そのため、双方が合意していたとしても離婚には費用も時間もかかります。それに対し、パックスの場合は解消届を提出するのみで手続きが完了となります。

パックスする時点で別れることを考えているカップルはいないと思いますが、離婚も多い世の中、万が一別れることになってしまった場合のことまで考慮に入れるなら、これもメリットの1つと言えるかもしれません。

デメリット

借金の返済責任

共同生活内における借金が発生した場合、返済は二人の責任となります。例えば、住居の雇用契約をどちらか一方の名義のみでしていた場合でも、家賃滞納をしたら、家主はもう一方のパートナーへ支払い請求をすることができます。

相続権

結婚とは違い、パックス締結により相続の権利が自動的に発生することはありません。もしパートナーを相続人としたいのなら、遺言書を作成してその旨を記載する必要があります。

アロカシオン受給

パックス締結前に、収入を元に計算されるアロカシオンを受給していた場合(住宅補助など)、カップルの合計収入額によっては、受給中止となることがあります。

Pacsをするための条件

外国人でも利用できるパックスの制度ですが、締結するには一定の条件があります。その条件とは以下の通りです。

  • 両者とも成人していること(外国人の場合は、出身国の成人年齢に達していること)
  • 両者とも結婚およびパックスしていないこと
  • パートナー同士に血縁関係がないこと
  • パックス締結後に共同生活をする住所を定めること(つまり別居は不可)

条件を見れば分かるように、国籍の制限はありません。つまり、もちろん日本人でもパックスすることは可能です。ただし、二人とも外国人の場合は、共同生活の住所をフランス国外に定めることはできません。

Pacsの手続きの流れ

リヨン6区の区役所での手続きの流れ

2021年3月に、私がフランス人のパートナーとパックスした際の手順をご紹介します。

区役所に手続き方法および必要書類を確認する

2021年現在、フランス在住のカップルのパックスの手続きは、居住地の市役所または区役所あるいは公証人の元で行うことになっています。(以前は裁判所の管轄でした。)手続き方法や書類は役所により若干異なる場合があるので、パックスすることになったら、まずは役所に問い合わせをしましょう。基本的に、電話または窓口へ直接出向いての問い合わせとなります。

書類を揃える

パックス締結に必要な書類はそれほど多くなく、複雑でもありません。ただ、日本から取り寄せなければならない書類もあるため、意外と時間がかかります。区役所で必要書類の確認ができたら、早めに準備に取り掛かることをおすすめします。

日本語の書類は法定翻訳または領事館に証明書発行を依頼する

日本から取り寄せた書類はもちろん日本語です。つまり、区役所に受領してもらうためには、フランス語に翻訳をする必要があります。フランス語の翻訳は誰がしてもいい訳ではありません。法廷翻訳家に翻訳を依頼をするか、日本領事館(居住地によっては日本大使館)でフランス語の証明書を作成してもらいます。

ちなみに私は、全ての書類を在リヨン日本領事事務所にお願いしました。詳しくはこの後の必要書類の項目で説明します。

アポスティーユ
あわせて読みたい
アポスティーユとActe de naissance(出生証明書)について
slowvoyage.net/etudierenfrance/apostille

区役所に書類を持参し、パックス締結の署名日の予約を取る

全ての書類が揃ったら、それを持参して二人で区役所に出向きます。その場で戸籍係が書類に不備がないかチェックをし、問題なければ署名する日の予約を取ります。

リヨン6区の場合は、この書類提出には予約を取る必要がありませんでしたが、役所によっては予約制の場合もありますので、事前に確認しておくと安心です。

区役所の戸籍係立ち合いの下パックス締結の署名をする

予約日当日も二人で区役所へ出向きます。書類は既に提出済みなので、この日に必要なのは身分証明書のみでした。予約時間になると担当の戸籍係に呼ばれ、内容の確認後署名をします。その後、パックス締結届けの登録をしたという旨が記載されたレセピセを受け取って手続き完了となります。

手続きはとてもスムーズで、所要時間は約5分ほど。パックスするカップルにとっては特別な日ですが、何だか拍子抜けでした。

パックスのセレモニーが行える役所もあるようです。実は私たちも事前に問い合わせをしましたが、リヨン6区の区役所ではセレモニーは行なっていないとのこと。新型コロナウィルス蔓延という状況下だったので、親しい友人を呼んでパーティーをすることもなく、自宅で二人だけでささやかなお祝いをしました。

フランスでPacsするために必要な書類

パックスするために提出する書類のリストは区役所でもらえます。また、フランス内務省のウェブサイトなどでも確認できます。しかし、リスト中には日本には存在しない書類もあるため、代わりとなる書類を揃える必要があります。何を提出したらいいか不明瞭なところもあったので、実際に私が準備した書類を載せておきます。今後パックスをされる方の参考になれば幸いです。

必要書類のリスト

リヨン6区の区役所でもらったリストに書かれていた書類は以下の通りです。フランス内務省のウェブサイトにも同じ内容のリストが掲載されています。

共通

■ Déclaration conjointe d’un pacte civil de solidarité – パックス締結届
CERFA nº15725*03というフォーマットが用意されているので、それに必要事項を記入します。

■ Convention de Pacs – パックス協定書
Service-Public.frに用意されているフォーマットCerfa n° 15726*02を利用するか自分たちで作成するかのどちらかです。

■ パートナー両者の有効な身分証明書の両面コピー
国民IDカードまたは滞在許可証の両面コピー、あるいはパスポートの身分証明のページのコピー。

フランス人の場合

■ Extrait avec filiation d’acte de naissance – 親子関係の記載がある出生証明書抜粋
発行日から3ヶ月未満の出生証明書抄本で、両親の氏名と生年月日および出生地の記載があるもの。

外国人の場合

■ Acte de naissance – 出生証明書
法廷翻訳付き出生証明書または領事館発行の出生証明書(発行日から6ヶ月未満のもの)

■ Certificat de coutume – 慣習証明書
成人であること、結婚またはパックスをしていないこと、法的責任能力があることの3点を証明する書類。

■ Certificat de non Pacs – パックスをしていない旨の証明書
ナントにあるフランス外務省戸籍センターで発行されます。(発行日から3ヶ月未満のもの)

■ Attestation de non-inscription au répertoire civil – 民事目録に登録されていない旨の証明書
フランス在住歴が1年以上の場合に限り必要。ナントにあるフランス外務省戸籍センターで発行されます。(発行日から3ヶ月未満のもの)

離婚歴がある場合

■ 「離婚」の記載がある旧婚姻の戸籍

前配偶者と死別した場合

■ 配偶者死亡の記載がある旧婚姻の戸籍または前配偶者の死亡証明書

出生証明書

戸籍謄本または抄本の法廷翻訳、あるいは戸籍を基に在フランス日本領事館で発行してもらえるExtrait d’acte de naissanceのいずれかを用意します。ただし、役所にもらったリストに「Copie intégrale d’acte de naissance」と書かれている場合は、領事館発行の書類ではなく、法廷翻訳をする必要があります。

リヨン6区の場合は、「Extrait」とも「Copie intégrale」とも指定がありませんでしたが、領事館発行の「Extrait d’acte de naissance 」で問題ありませんでした。

慣習証明書

日本には慣習証明書という書類は存在しません。フランスでの婚姻手続きの場合には、日本領事館でこれに相当する証明書を発行してもらえますが、パックスの場合には発行不可とのこと、それに代わる書類を用意しなければいけません。

先にも書いたように、慣習証明書で証明する内容は3つ。成人であること結婚またはパックスをしていないこと法的責任能力があることです。このうち成人であることと、結婚していないことは「Acte de naissance」で証明できます。またパックスをしていないことは、この後説明する「Certificat de non Pacs」に書かれています。

残りは法的責任能力があることの証明です。これは、日本の市役所または区役所で発行してもらえる「身分証明書」という書類の翻訳で代用することができます。法廷翻訳家または日本領事館に翻訳をしてもらうことができます。ちなみにこの身分証明書というのは、被後見人でないことや禁治産の宣告および破産の宣告を受けていない旨を証明するものです。

これに加え、在リヨン日本領事事務所では、
・日本にパックス制度はないため慣習証明書の発行ができないこと、
・証明すべき内容は出生証明書と身分証明書の翻訳に記載されていること
を説明したレターを発行してもらえました。パックス登録を担当してくれた区役所の戸籍係の方は、日本人のパックスを扱うのが初めてだったようで、このレターがとても役に立ったようです。

パックスをしていない旨の証明書

フランス政府が運営するウェブサイト Service-Public.fr でオンライン申請ができます。申請の2日後にはメール返信があり、メール内に記載されたリンクから自分のアカウントにログインして証明書のダウンロードをしました。

民事目録に登録されていない旨の証明書

パックスをしていない旨の証明書の発行を依頼すると、同じ書面に民事目録に登録されていない旨の証明も記載されます。

離婚の記載がある旧婚姻の戸籍

日本領事館で発行してもらえる「Certificat de mariage et de divoirce」という書類で代用できます。この書類を発行してもらうのには、自分の戸籍謄本元配偶者の戸籍謄本が必要です。ただし、何らかの事情で婚姻および離婚の項目が省略されている場合は、改正原戸籍や除籍謄本など追加書類が必要になるようです。私の場合は、元夫の戸籍謄本に私との婚姻および離婚の記載があったので上記2点のみで大丈夫でした。離婚歴のある方は、日本から書類を取り寄せる前に、領事館に確認をすることをおすすめします。

また、元配偶者の戸籍謄本の取り寄せですが、婚姻および離婚の記録が省略されていなければ、自分の名前も「除籍された者」として残っています。つまり、元配偶者に許可や依頼などすることなく、相手の本籍地の役所で発行してもらうことができます。コロナ禍で私自身は日本へ一時帰国することができない状況でしたが、日本の家族へ委任状を書き、代わりに役所へ行ってもらって入手することができました。

ご紹介した通り、パックスの手続きはとてもシンプルです。フランス人と比べ、外国人の場合は書類を揃えるのに多少の手間と時間がかかりますが、複雑な手続きはありません。フランスで彼や彼女と共同生活をするのであれば、デメリットよりメリットの方が多いように感じます。同棲を考えている方や既に同棲している方は、パックスも検討してみてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください