フランス語

大学・大学院留学に必要なフランス語資格 DELF-DALF / TCF /TEF

大学・大学院への入学に必要なフランス語レベルは?

フランス大学院留学に向けて、まず始めたこと。それは、DALF C1合格に向けての勉強です。
フランス人学生と一緒のプログラムを受けることになるので、かなり高いフランス語レベルが必要なことは言うまでもありません。

大学によっても異なりますが、フランス語非ネイティブの外国人が修士課程1年目に入るのにはDALF C1レベルが必須なところが多いのです。ちなみに学士課程3年目だと、DELF B2レベルの場合が多いです。

どの大学・学部に、どのレベルのフランス語力が必要か。どうやって調べるのかというと、
各大学のウェブサイトを1つずつ見ていく
しかありません。面倒だと思うかもしれませんが、慣れてくると結構早く情報を見つけられるようになります。

まだ具体的にどの大学へ応募するのか決まっていない場合は、基本的には
修士課程1年目:C1
学士課程3年目:B2
を目指して準備を始めればいいかと思います。私も実は、DALF C1受験時点では、応募する大学はまだ具体的に決めていませんでした。

DELF-DALF以外にも、TCFTEFでも可というところもあるようです。

私は、TCFもTEFも受けたことがないので、どちらがどうとかは分かりません。ただ、DELF-DALFは一生有効なので受けておいて損はないのでは、と思います。

そもそもDELF – DALF って?

フランス大学留学を考えている方は、きっとご存じだろうと思いますが、念のため。

「DELF・DALF とは、フランス国民教育省が認定した唯一の公式フランス語資格(ディプロム)で、一度取得すれば無期限有効です。自分のフランス語の能力や知識を証明書として形にすることができます。」 引用元:日本フランス語試験管理センター

CECRL(ヨーロッパ言語共通参照枠)により定められたA1〜C2の6段階でフランス語レベルを証明する資格試験です。

試験科目は4つ:

  • Compréhension de l’oral(聴解)
  • Compréhension des écrits(読解)
  • Production écrite(文章作成)
  • Production orale(口頭表現)

各科目の最低点5点以上かつ、4科目の合計点50点以上で合格です。
*DALF C2は、聴解・口頭表現と読解・文書作成の2科目で、各科目の必要最低点は10点です。

B1、B2、C1と受けた私の個人的な感覚ですが、B1とB2の間の難易度や試験内容の差が大きいように感じました。

よく耳にする話ですが、「フランスで受けるより日本で受ける方が受かりやすい」と言われています。もちろん、問題が簡単な訳ではありません。あくまでも推測ですが、日本で受ければ、試験官も日本在住のフランス人。日本についての予備知識がある方たちなので、特に口頭表現では話を上手く進めやすい、ということではないかと思います。本当に日本で受けた方が受かりやすいかは分かりません。

私がどのようにDELF-DALFに向けて準備をしたかは、また別の機会にご紹介したいと思います。

あわせて読みたい
DELF – DALF 試験当日の準備
slowvoyage.net

CFとは

DELF-DALF同様、フランス国民教育省認定のフランス語試験で、有効期限は2年間です。TCFはTest de Connaissance du Français の略です。

DELF-DALFのように合格・不合格ではなく、スコアが出ます。そのスコアによりどのレベルなのかを判断することになります。不合格がないというのは少し安心ですね。

必須試験科目は3つ:

  • 聴解
  • 語彙・文法
  • 読解

さらにオプション科目が2つ:

  • 口頭表現
  • 文書作成

TV5 MONDEのウェブサイトに模擬テスト(所要時間90分)が載っているので、試しにやってみてもいいかもしれません。私もDELF B2受験前の時期にやってみましたが、B2との判定が出ました。無料なので、自分のレベルを知るために解いてみるのも良さそうです。

また、90分も時間が取れないという人は、フランス国民教育省のウェブサイトに問題例があるので、まずはこちらを参照てみるのもいいかもしれません。

TEFとは

DELF-DALFとTCFはフランス国民教育省(つまり国)が実施するのに対し、TEFはパリ商工会議所が実施します。日本では、日仏文化協会が窓口になっていて、試験会場は東京のみのようです。TEFはTest d’Evaluation de Françaisの略です。

こちらも、合格・不合格という判定ではなく、900点満点のスコアで結果がでます。スコアにより、どのレベルかを判断します。

必須試験科目は3つ:

  • 読解
  • リスニング
  • 文構成・語句

さらにオプション科目が2つ:

  • 筆記テスト
  • 口頭テスト

CLE社から公式問題集も出ているので、それで試験対策をしたら良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください