SNCF
フランス旅行,  旅の準備

フランスを列車で旅したい!フランス国鉄SNCFのチケット予約方法は?

フランス国内の移動は列車がおすすめ

私がフランス国内を旅するときは、一部区間(例えばパリ⇔ニースなど)を除いて、列車で移動することがほとんどです。なぜかというと、

  1. フランスは北から南まで移動しても、意外と近い。日本は南北に長いけど…。
  2. 大抵の駅は街中にあるか市街地から近く、中心地から離れた空港まで行くことと比べると時間を短縮できる。
  3. 日本の新幹線とは違い、高速鉄道でも驚くほど安いチケットが取れることがある

今回は3つ目の「チケット」についての記事ですが、その前に1つ目と2つ目を少し見ておきましょう。

1. フランスと日本のサイズを比較してみた

国のサイズを比較できる面白いサイトがあるのをご存じでしょうか。
The True Size Of というサイトです。

これで比較してみると一目瞭然。面積はフランスのほうが少し大きいのですが、日本はとても南北に長いことがわかりますね。高速列車ならそれほど時間もかかりません。パリからマルセイユまでで、約3時間20分です。

ただし、マルセイユからニースの区間は速度が出せないようで、例外です。高速列車TGVでも普通列車でも所要時間の差はほとんどなく、2時間40分ほどかかります。そのため、パリからニースの移動は、いつも飛行機を使っています。

the true size of

2. 空港は市街地から遠いことが多い

これは日本でも、他の国でも同じですね。空港が市街地から近い街というのはなかなか少ないです。ちなみに先ほど例に挙げたニースは、これまた例外で近いです。

空港まで行くのに時間がかかり、さらに国内線ならフライトの1時間前に空港に行くとなると、フライト時間自体は短くても全体の時間は長くなったりします。

フランス国鉄SNCFの列車のチケットを買う

列車のチケットは、購入するという視点でざっくり分けると2種類あります。事前に買ったほうがいいものと、当日買うものです。前者は主に座席予約が伴うもの、後者は主に近距離の座席予約なしのものです。

当日買う場合は、駅の窓口か券売機で買うことになりますが、今回はこちらのお話は省かせていただきます。

事前に買うチケット、どこで買うのがいいか

私は、ほぼSNCFのウェブサイトでの購入です。短期間の旅行の場合は特に、日本出発前、しかもできるだけ早いタイミングで購入しておくことをおすすめします。

その理由は以下の通り。

  • 乗車日が近くなるほど、安いチケットはなくなる。
  • 駅の窓口はいつも人が並んでいて、旅行中に買うのは時間のロスになる。

SNCFは英語サイトもあるので、フランス語が分からなくても何とかなるでしょう。

SNCF予約サイト(英語)

https://www.sncf-connect.com/en-en/

SNCFウェブサイトでの購入方法

トップページの検索ウィンドウに、出発地・到着地・日付・希望時間帯を入れる。
出発地と到着地は、途中まで入力すると候補が出てくるので、その中から選ぶ。


「Search」ボタンをクリックして検索。


しばらく待つと、検索結果が表示されます。この中から購入するチケットを選んでクリック。


座席の希望があれば入れて、「Select this outbound journey」ボタンをクリック。(座席希望は、窓側/通路側/2名の場合隣同士、列車によっては1階席/2階席)


「Conditions and details」ボタンで、条件などを必ず確認しておきましょう。安いものだと払い戻し不可だったり、変更が条件付きだったりします。


確認して問題なければ、「Confirm and pay」をクリック。


アカウントを持っているなら左側からサインインする。
アカウント作成する場合はオレンジのボタン、Facebookアカウントを使ってサインアップする場合は青いボタン。アカウント作成したくない場合は、その下の(目立たない)「Book without account」をクリックします。


希望のチケットの種類を選択します。このチケットは、Eチケットのみで他の選択肢がないので自動的に選ばれています。Eチケットが一番楽だと思うので、他の選択肢があってもEチケットがいいかと思います。

最近はあまりないと思いますが、以前は駅で受け取り(窓口または自動券売機)の選択肢のみということもよくありました。もしそうなった場合、受け取りは基本的に乗車駅でなくてもできますので、フランスに着いたらすぐに最寄りの駅で受け取っておくといいでしょう。当日受け取りは、もし沢山並んでいたら乗り遅れるという事態になってしまうこともあるので注意です。購入時のクレジットカードが必要ですので、必ず持参しましょう。


名前や連絡先情報などを入れ、「Confirm and pay」から支払い画面へ。
今回は実際に購入するわけではないため、説明はここまでにさせていただきます。

クレジットカードが受付されないことが、時々あります。その場合は、時間をおいてやり直してみましょう。それでもだめな場合は、フランス発行のクレジットカードでないと受付られないケースだという可能性があります。そうなったら、その料金のチケットはあきらめるしかありません。

その他のサイトでの購入

どうしても決済できないようなら、SNCF以外のサイトから予約をすることもできます。ヨーロッパの鉄道代理店Rail Europeのサイトなら、日本語で予約&購入もでき、日本発行のカードでも問題なく決済できます。手数料などがかかりますが、不安な方はこちらで購入するほうがいいかもしれません。

Rail Europe

http://www.raileurope-japan.com

今回ご案内した予約方法などは、この記事を書いた時点でのものです。変更になることもありますが、ご容赦ください。また、この記事を参考に予約をしトラブルなどがあった場合でも、責任は負いかねます。ご購入はご自身の責任でして頂きますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください