Marseille - マルセイユ

フランスのカフェ発祥の地マルセイユでカフェ巡り

Récépissé d’étéの申請のため一時帰宅していたリヨンからニースへ戻る途中、予算の都合でマルセイユ乗り継ぎにしたため、マルセイユに6時間ほど滞在することに。カランクへ行こうかとも思いましたが、もしニース行きの便に間に合わなかったらチケット買い直しで無駄な出費にもなるので、カフェ巡りをすることにしました。

マルセイユはフランスのカフェの発祥地!?

フランスのカフェ文化はパリを中心に栄えたことはご存じの方も多いでしょう。しかし、カフェの発祥した場所はパリでないことをご存じでしょうか。フランス初のカフェが誕生したのは17世紀のこと、パリではなくマルセイユなんです。

コーヒーの発祥の地については諸説あるので、ここでは触れませんが、ヨーロッパへコーヒーが伝わったのは17世紀のはじめ、ベネチアだと言われています。トルコからベネチアへやってきたコーヒーは、その後他のヨーロッパ諸国へも広まりました。

マルセイユにコーヒーが上陸したのが1644年、初めてのカフェがオープンしたのは1671年のことだそうです。私たちが思い浮かべるようなフランスのカフェとはおそらく違うものかもしれませんが、これがフランス初の「カフェ」だと言われています。その後このカフェのオーナーはパリにお店を出したとも言われています。

マルセイユでカフェ巡り

6時間の滞在時間を利用して、3軒のカフェを巡ってきました。2軒は自家焙煎をしているカフェ、もう1軒はマルセイユ旧港からすぐの人気カフェです。

どこもそれぞれの魅力があって素敵だったので、少しだけご紹介ししたいと思います。
 

Slow Voyage
あわせて読みたい
リヨンのお気に入りおしゃれ&こだわりカフェ5選
slowvoyage.net/france/lyon/foodies-lyon/lyoncafeselection/

マルセイユのおすすめカフェ3選

6時間の滞在中に巡ったカフェ3軒をご紹介します。

Torréfaction Noailles

Torréfaction Noaillesは1927年創業の老舗カフェで、マルセイユ市内に5店舗ある他にニームなどにもお店があります。

私が行ったのは、マルセイユ サン・シャルル駅から旧港へ歩いて行く途中にあるCanebièreのお店。店内に一歩入ると、まるでタイムスリップしたかのようなレトロな空間です。

入って左手にはカフェのカウンター、右手はお菓子売り場になっています。カウンターで朝食や朝のコーヒーを飲む地元の人に混ざって、私も朝食を頂きました。

エスプレッソは、よくあるフランス風の薄いエスプレッソではなくしっかりした味。パン・オ・ショコラとセットでたった2.55ユーロというお値段も嬉しいです。

帰りに駅へ戻る途中にも立ち寄って、マルセイユのお菓子Navette de Marseilleをお土産に買って帰りました。他にも美味しそうなクッキーなども売っていましたよ。
 

Torréfaction Noailles Canebière

住所:56, La Canebière 13001 Marseille
営業時間:月〜土曜日 7:00-19:00 / 日曜日10:00-18:00
マルセイユ市内に他4店舗あり
https://www.noailles.com/
 

Cafés Debout

Cafés Deboutも老舗のカフェで、1932年創業です。自家焙煎のコーヒー豆が評判のようで、私がコーヒーをいただきながら寛いでいる間にも何人かコーヒー豆を買いに来ていました。

こちらでもエスプレッソを頂きましたが、フランスのカフェでよく出されるような少し薄いものでした。味自体は美味しかったので、個人的にはエスプレッソではなくアメリカンなどで飲みたいコーヒーです。

コーヒー以外に紅茶もあったり、また自家製の美味しそうなケーキもありました。ランチの直後に行ったので残念ながらケーキは食べませんでしたが、次回行く機会があれば試してみたいと思います。

家でもコーヒーを飲む人なら、コーヒー豆を買って帰るのもいいかもしれませんね。
 

Cafés Debout

住所46, Rue Francis Davso 13001 Marseill
営業時間:月〜土曜日 8:45-19:00 / 日曜日休業

La Samaritaine

La Samaritaineは、先にご紹介した2つのカフェとは少し異なり、いわゆる私たちが想像するフランスのカフェです。しかしその歴史は長く、1910年創業の老舗カフェです。

旧港から道路を渡ってすぐのところにあり、テラスからの眺めがとても心地いいです。また、食事もできるので、のんびりと時間を過ごしたい人にはおすすめです。場所柄、観光客の割合がかなり高いので、ウェイターさんも観光客に慣れている感じです。

コーヒーはというと、こちらもフランスのカフェでよく出てくる薄めのエスプレッソでした。場所がいいせいか、お値段も先の2つのカフェより高め。パリのカフェと同じくらいの値段(2ユーロ代)でした。

テラスの目の前は交通量は多いものの、開放感があって眺めがいいので、初めてマルセイユへ来たという人にはとてもおすすめですよ。
 

La Samaritaine

住所:2, Quai du Port 13002 Marseille
営業時間:7:00-21:00 / クリスマス以外は休業なし
http://www.la-samaritaine-marseille.fr/


 
今回は6時間という短い滞在だったので、この3軒しか行っていませんが、マルセイユには他にも行ってみたいかカフェがたくさんあります。次回の滞在でも時間があればカフェ巡りの続きをしてみようかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください